FC2ブログ

東京都の病院 女性医療の口コミサイト

皆の口コミを参考にして優良な病院を探しましょう^^ 病院の診療科目や受付時間帯も載せてるので参考にして下さい。また、行ったことのある病院の感想・コメントなども募集してまーす。【女性医療・産婦人科・産科・婦人科】

スポンサーサイト 

  TOPページスポンサー広告>日本赤十字社医療センター
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


病院・診療所情報


[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本赤十字社医療センター 

  TOPページ婦人科>日本赤十字社医療センター
日本赤十字社医療センター
診療科目内科・精神科・神経内科・呼吸器科・消化器科・循環器科・小児科・外科・整形外科・脳神経外科・呼吸器外科・心臓血管外科・小児外科・皮膚科・泌尿器科・産科・婦人科・眼科・耳鼻咽喉科・放射線科・リハビリテーション科・麻酔科
郵便番号150-8935
住所東京都渋谷区広尾4-1-22
TEL03-3400-1311
診察時間午前:月~金 9:00~(科目毎時間・曜日あり)
最寄り駅広尾(東京メトロ日比谷線) 464m



病院・診療所情報
<病院周辺地図>(マウスで自由に動きます)

大きな地図で見る

<以下、口コミです。>
こちらで出産予定です 2009年10月02日腟
妊娠6週の時点で初めに行った産院が分娩予約キャンセル待ちだったので、他を探したところ日赤は「全ての妊婦を受け入れる」ということでまずはお電話で相談しました。
とりあえず一回診察を受けて方針を決めましょうとのこと。
噂通り確かに待ち時間は長かったですが、診察も丁寧でセミオープンシステムを勧められ検診は家の近くの提携している病院にお世話になることになりました。
助産師さんとの面談もあり、あれこれ相談に乗ってくだいました。
セミオープンの人でも両親学級などに参加でき、安心感でいっぱいです。
ユニセフにも認定された赤ちゃんに優しい病院というのも魅力の一つです。(完全母乳推奨なのでお母さんには厳しいですが、私は完全母乳を目指しているので嬉しいです)
12月には新病棟に移転されるそうで、辛いであろう出産が楽しみになりました。

乳がんの手術をしました 2009年08月19日腟
3年前に胸のしこりに気づき、渋谷の職場から行きやすい場所で、乳腺外科のあるこの病院を訪れました。
乳がんとわかってから、関連本をいろいろ読みましたが、ここで行った処置は、検査、手術、術後の療法すべて、きっちりした裏付けに基づくもので、1つ1つに納得しています。
医師はベラベラしゃべるタイプの方ではないので、疑問に思ったことはこちらから聞いた方がよいと思います。
丁寧に答えていただけます。手術は温存でしたが、縫合の跡もきれいで、今ではほとんど目立ちません。

出産でお世話になりました。 2008年12月13日腟
私は、出産でお世話になりました。こちらの意識の高い先生方、助産師さんにほんとうに感謝しています。
私は、VBACにて二人目を出産しました。一度帝王切開したひとが、自然分娩することを「VBAC」といいます。
一般的に一度帝王切開すると、次の出産も帝王切開になることがほとんどです。
子宮に傷があるため、陣痛に傷が耐えられず裂けてしまう可能性があるから。その確率100人に1人といわれています。
その高いリスクゆえ、この訴訟時代、産科医不足などから、VBAC可能な病院は少ないです。
でも、どうしても自然分娩をしたかった私は、いろいろしらべてこちらの病院にたどり着きました!
臨月で転院しました。女医さんでした。
女性は、同姓に厳しいイメージだったのですが、とてもやさしく、先生の方から毎回質問はありますか?とたずねてくださるほど。。。
「VBAC」をするということで、緊張気味だったのですが、先生の対応で短い期間にもかかわらず、信頼関係ができたと思ってます。
助産師のかたもたのもしく、安心して出産にのぞめました。

産後の入院中も、助産師さんたちの対応に感服。
シフトが交代すると、かならず、これからあなたの担当の~です。ときちんと挨拶にきてくれます。
自分のことをきちんと看ていてくれるんだなって感じがすごくしました。

リスクの高い出産を受け入れた日赤。陣痛のあまりの痛さに弱っている私を、叱咤激励してくれた助産師さん。
そして子供を取り上げてくれた先生。ほんとうに、感謝しています。
私のVBACしたいという気持ちを叶えてくれたこと 生涯忘れることはないでしょう。ありがとうございました。

VBACにて出産しました。 2008年12月13日腟
帝王切開で一度出産した人が 普通分娩で出産することをVBACといいます。
リスクがともなうため日本の多くの病院では とりあつかってもらえないのが現状です。
日赤は、設備 医師の数などが充実しているのもあり VBACをさせてもらえる大事な病院です。
里帰りのため 33週で転院しました。

普通分娩が本当にできるのか不安でしたが先生の対応もよく、こちらが聞きたいことを聞きやすい雰囲気で、安心して妊婦生活を送ることができました。
VBACの場合は、陣痛がきたら、万が一のために血管確保をします。
陣痛促進剤は、つかえません。
陣痛室は、二人一部屋です。
陣痛でつらいとき 助産師さんがアロマで腰をマッサージしてくれたりしました。
立会いは、可能です。帝王切開でもできます。
また上の子の立会いもできるそうです。
出産後は、カンガルーケアをしてくれます。
できるだけ妊婦さんの気持ちに沿った形で出産をさせてくれるやさしい病院です。
水中出産もできるそうですがVBACはできません。

産後入院中は、母乳、布オムツです。
すぐに母子同室です。
母乳は、助産師さんが丁寧にみてくれます。出づらくても、でるまで付き合ってくれる感じでしたよ。
助産師さんの連携もすごくとっているのがすごくよくわかりました。

こちらの病院は、先生、助産師ともに、レベルが高い感じがしました。
自信を持って対応してくれる、患者の気持ちにも耳を向けてくれる、そんな印象です。
また、子供を授かることがあれば、こちらでまたお世話になりたいです。

出産しました 2008年08月18日腟
出産設備のない他病院から30週で転院しました。
前回の出産が帝王切開でしたが普通分娩希望を伝え、先生からリスクの話しをされましたが、万が一に備えて血管確保だけさせてほしいということで、希望を受け入れてもらいました。
結果、無事普通分娩で出産することができました。
陣痛がきつい間も助産師さんが「いい感じで進んでいるよ」「今日中に生まれると思うよ」など、安心させてくれました。
分娩も痛みに耐えられず上を向くことができずにいると、横向きのまま楽な姿勢で出産させてくれました。
出産後はすぐにカンガルーケアをして、母乳をあげます。
入院中も完全母乳ですが、何度も授乳を見てくれたり、マッサージを丁寧にしてもらえました。
上の子2人の時は乳腺炎になり、ほとんど母乳はあげられませんでしたが、今回は完全母乳で育てています。
出産直後から母子同室ですが、赤ちゃんの母乳に時間がかかりすぎたりして疲れていると、「少しゆっくり休んで気持ちを切り替えることも大切」と赤ちゃんを預かってくれます。
トイレや売店などへ行くときも赤ちゃんを一人にせず、預かってもらいます。
初産の人は出産日を入れて7日、経産婦の人は出産日を入れて6日の入院ですが、私は早めに退院させて欲しい希望を伝えると、5日目の健診が終わると順調ならば希望により退院できると言われました。
面会時間は午後2時半から夜8時までです。2時頃になると、ロビーに面会の人がたくさんきていました。
10歳以下の子供は部屋には入らないで下さいと書いてありました。
部屋のドアは常に開けてあるので、あちこちから赤ちゃんの鳴き声が聞こえてきます。神経質になってしまうときついかもしれません。
自宅でも布おむつ、母乳と考えている人には退院後もスムーズに育児ができると思います。

出産後も安心! 2007年08月08日腟
重度の妊娠中毒症で27週で転院してきました。
最初に転院した市民病院では即時に妊娠を中断しなければ母体が危ないと言われましたが、「頑張れるだけお腹の中で育てましょう」と言ってくださり31週で帝王切開で出産しました。
経膣分娩できそうな方ならWセッティングで経膣分娩で始めて、途中で帝王切開に変更する様な事態になっても15分でオペに入れるそうです。
NICUと各診療科の連携がとれていて、特に新生児に心臓疾患があった場合の処置には定評があります。
入院時の小児科は主治医だけでなくドクター全員で回診するので、主治医がいない時でも状況を把握していてくれるので安心して任せる事ができます。

出産しました! 2007年06月21日腟
出産しました!
入院中は、母子同室、布オムツです。
また、母乳育児を強く推奨している病院です。
そのため入院中はちょっと大変でしたが、その分、退院後の生活がスムーズです。

安心して出産できる病院です 2007年06月18日腟
友人がここで出産しました。
この病院は、完全母乳にしたい方に向いている病院です。
母乳の出が悪いママには入院中つらいかもしれませんが、看護婦さんのサポートで乗り越えることが出来き、友達は完全母乳で子育て出来てるのは、この病院のおかげだと言ってました。
赤ちゃんの定期検診は、希望の人は毎月定期検診をしてくれるそうです。
友達の赤ちゃんは、途中までは問題なかったのに検診でレントゲンを撮ったら、股関節脱臼してたそうです。
先天性の股関節脱臼だと言ってました。
普通の検診ではレントゲンまで撮ってくれないので、このレントゲンを撮ってくれなかったら気づくのが遅れていたかもしれません。
歩くことろになって気づき、子供にかわいそうな思いをさせるところだと言ってました。

赤ちゃんに優しい病院 2007年05月23日腟
過去の病歴の為、予定帝王切開での出産でお世話になりました。
助産師さん140名在籍という頼もしい病院で、検診は医師検診と助産師検診が交互にあり、医師に聞きにくいような細かい事やメンタル面の不安なども親身に聞いて下さり、きめ細かいバースプランを立て、フリースタイルの分娩が出来ます。
私は手術でしたが、医師の腕もとても良く、傷跡も目立たないし綺麗です。
夫の立会いが許され、カンガルーケアも出来ました。周産期医療なので、新生児科の医師が立会い、産まれたベビーの小さな異常にもすぐに対応してくれました。
入院中は母子同室、24時間体制で母乳指導をしてくれます。(素敵な授乳サロンもあります)バランスの良い食事も美味しく、3時のおやつや夜食のパンも出ます。
退院後も助産師さんが「お変わりないですか?」と電話をくれて、育児の疑問点や不安に思ってる事をまとめて聞いて、色々アドバイス頂きました。
とっても充実した、素晴らしい出産が出来て、大満足です。

自然分娩と母乳育児を推奨 2006年11月28日腟
自然分娩と母乳育児を推奨しています。
もちろん緊急事態にも対応できる設備とスタッフさんが揃っているので、とても安心して出産に臨めました。
入院中も沢山いる助産師さんや看護士さんたちがケアしてくれました。
大部屋でも産まれたその日から赤ちゃんと同室です。
ただ大病院のため外来はいつも混んでいて、特に担当医が有名な医師だと2~3時間待つことはざらです。
医師も沢山いるので分娩日に担当医じゃないこともあります。

命の砦 2006年11月07日腟
長男妊娠中に27週で切迫で、子宮口全開状態で搬送されました。
産道に既に胎包が降りていて、かかっていた産院ではこれは戻せないから少しの衝撃で破水すれば産まれるといわれましたが、杉本先生はそれを戻せました。
そして息子は早産ながら無事産まれました。
素晴らしい技術と、命を助けるための気合の凄まじく熱意のある先生とスタッフさんが大勢居ます。
産科病棟の看護師さんは全て助産師資格取得者で、入院中のケアも万全です。

母子同室/産科 2006年10月26日腟
出産後は最近多い、母子同室を早くから始めた病院です。
長女はここで生まれました。
日本で有名な産科の権威の先生がいます。
何かの時の対応は、設備がそろっているので安心です。
そのほか救急総合病院なので、たいがいの病気は診てもらえます。
渋谷からバスが出ています。

大変なお産の人には大評判 2006年10月13日腟
ここの産婦人科には「ゴッドハンド」と呼ばれるお医者さんがいます。
この先生にかかれば、逆子だろうと、緊急入院の人だろうといちころです。
お産に不安な方はいいのではないでしょうか。

対応がいい 2006年10月07日腟
助産師さんも先生も対応がいいです。助産師さんは、細かなケアをしてもらえるので頼りになりました。ただ、予約しても30分以上の待ち時間があるのが難点ですかねぇ。病院の規模が大きいので、出産日時の近いママ同士が仲良くなり、その後も交流が続くという事も・・・楽しいですよ。

安心の産科 2006年10月01日腟
ここでお世話になって、無事ふたりの子供を産みました。
産科部長の先生は日本でも有名な産婦人科の先生で、説明も分かりやすく安心です。
ただ、いつも混んでるのが難点かな。


[ 2010/02/20 17:06 ] 婦人科 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
マタニティ・ベビーグッズ
アイコン プレゼントベビー・キッズ・マタニティグッズ
2008年上半期 キッズ・ベビー・マタニティ大賞マーク NEW(動く)
抱っこひも・スリングカタログ
みんなの口コミ優秀アイテム
スヌーピー特集
ハローキティ特集
ミッフィー特集
アンパンマン特集
ミッキー・フレンズ特集

【スポンサードリンク】



ページランク アクセスランキング ブログパーツ
相互リンク
スピード相互リンク /相互リンクドクター /リンクサーフ Tシャツプリント /相互リンクの知恵 /ブログ版・相互リンクの知恵 /相互リンクプログラムネット /ブログ版・相互リンクプログラムネット /相互リンクレーシック /SEOパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。